登録が必要な業務

登録が必要な業務

建築士が設計等の業務(報酬を受ける業務)を行なうには(又は、建築士を雇用し設計等の業務を行なうには)、建築士事務所登録が必要となります。


建築士事務所登録が必要とされる「設計等の業務」とは、以下のものをいいます。

  1. 建築物の設計
  2. 建築物の工事監督
  3. 建築工事契約に関する事務
  4. 建築工事の指揮監督
  5. 建築物に関する調査又は鑑定
  6. 建築に関する法令又は条例に基づく手続きの代理

※無登録にて上記の業務を行なうことは禁止されており、もし行なった場合は建築士法の処罰対象となります。

設計等の業務を行なうには、事前に登録を済ませておく必要がございます。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下 謙一
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事