業務に関する報告書

業務に関する報告書

建築士事務所登録後、その開設者には、毎年事業年度完了後3ヶ月以内に「設計等の業務に関する報告書」を提出することが義務付けられております。

報告書の記載事項(報告事項)

  • 報告する事業年度における事務所の業務実績
  • 所属建築士
  • 所属建築士ごとの業務実績
  • 管理建築士が開設者に対して述べた意見の概要

報告書の未提出の者、虚偽記載の報告書の提出の者は、30万円以下の罰金又は懲戒等の処罰の対象となりますので、期間内に届出されますようご留意ください。


弊事務所では建築士事務所の登録がお済みになったお客様からの「設計等の業務に関する報告書」のご依頼も承っております。

また、ご依頼いただいた翌年以降も時期が到来しましたら、ご案内をさせていただきます。届出期間の期限管理も含め、お客様が安心して本業に専念できますよう弊事務所がサポートいたします!

気になること、ご不明点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下 謙一
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事